社会人でも合宿免許!社会人でも合宿で免許を取る人なんているの?

 学生時代には免許が必要なかったけれど、社会人になってから運転免許が必要になったということは結構ありますよね。

最短で免許を取得するなら合宿免許

 運転免許の取り方には大きく3つあります。
 1つは一発免許とも呼ばれる取得方法。教習所に行かずに免許センターで試験を受けることで取得できるものですが、難易度が高く、都度費用も発生し、時期によっては予約が取りにくく、結果として一番高額&時間がかかってしまうリスクもあります。
 2つ目は教習所に通学というスタンダードな方法です。多くの人がこの方法で免許を取得されていると思います。
 社会人で通学する場合には、まとまった時間を割くことができずに、最短でも1ヶ月はかかるのではないでしょうか。事実私の友人が学生時代に最短で通学で免許を取得しようとチャレンジしていましたが、時間のある学生でさえ1ヶ月はかかっていました。
 3つ目は教習所の合宿免許です。最短2週間で卒業できる教習所が多いです。
 社会人の2週間というのは貴重なものです。まとまった休みは取りにくいでしょうが、有給と合わせるなどすれば、最短で運転免許が取得できるというメリットがあります。
 社会人は特に時間がありませんので、通学よりも合宿免許の方が取りやすい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

社会人でも合宿免許を取る人はいるの?自分だけ社会人じゃ嫌だ…

 合宿免許といえば学生さんのイメージが大きいですよね。実際に学生さんの方が多いのは間違いないのですが、社会人でも合宿で運転免許を取る方も結構いらっしゃいます。

・フリーター
・会社からとってこいと指示された会社員
・転職で急ぎ必要になった
・田舎に転勤で必要になった
・専業主婦

 ですから、社会人は自分だけではないので安心しましょう。

合宿といえばタコ部屋・美味くないご飯・嫌な教官のイメージが強い…

 一昔前の合宿免許といえな、タコ部屋で身動きができず、ご飯もまずい、教官に殴られたり暴言を吐かれる、なんていうイメージが強かったと思います。
 しかし、最近の教習所、特に合宿免許は全く違います
 宿泊先はホテル(部屋はシングル)、食事もホテルまたは近隣の食事処、教官は「褒めて伸ばす」を謳い文句にした合宿免許まであります
 このように大幅に改善されているのは、SNSの普及免許取得者の減少にあるでしょう。少しでもマイナス点がSNSに書かれれば入校者は減りますし、ただでさえ人口減少で免許取得者がいない中、更に入校者を減らすような真似はしないのです。

2017/02/24